視力も年齢を重ねると老化が始まり老眼になる

視力も年齢を重ねると老化が始まり老眼になる

老眼の疑いのある時には原因を付きとめること

老眼が発症するには、いくつかの原因が考えられます。

その1つには、眼の老化による機能低下が重要な要素になっています。年齢を重ねていくと、体のいたるところに不具合が生じてきますが、眼も決して例外では有りません。

普段、意識はしていませんが、眼を使う時に、近距離の物を見る時と遠方を見る時とでは、眼の使い方が違っています。

物がハッキリ見る為には、自然にピントを合わせて、見る機能が働きます。これは、「水晶体」「毛様筋」と言われる2血の器官が作用して、鮮明な視力を保っているのです。

水晶体、毛様筋

ハッキリ見る為には水晶体と毛様筋が作用して、鮮明に見える

水晶体は、レンズの役目を果たしており、遠近を使い分けて、物を見るようにしています。

近くの物を見る時には、水晶体の厚みが増して、遠くを見る時には、薄くなるように自然に調整を行っています。

また、毛様筋は、水晶体の厚みを変える為に働く筋肉です。この2つの機能により、瞬時に近くを見たり遠方を見たりすることが出来るのです。

老眼の始まりは、この毛様筋の衰えにより、筋肉の収縮が不完全になることにより、水晶体の厚みを増す事が出来なくなって、近くが見えなくなる現象なのです。

老眼が始まる時期は、早い方で、30代からですが、一般的には中年以降に見られる現象です。体の老化と共に、眼の筋肉の老化も進み、資格の物が、ぼやけて見えたり、2重に見えたりします。

老眼が進むと、だんだん近くの小さな文字などが見えなくなりますが、近点距離が伸びてくることに原因が有ります。近点距離とは、眼のピントを合わせる事が出来る最短の距離の事を言いますが、10代では、5,6cm、30代になると15cm、40代以降では、20cm以上になりますので、年と共に、近くの物が見えずらい老眼になります。

  • 10代=5,6cm
  • 30代=15cm
  • 40代以降=20cm以上

眼の老化による原因の他に、血行不良も考え有られます。

これは、血液循環が悪くなると、眼に必要な充分な酸素や栄養分が行き届かなくなり、老眼の原因になってしまうのです。

血行不良の改善策としては、長時間のパソコンやスマホなどに気を付けて、ドライアイにならないようにすることが重要です。

時間を区切って休憩して、眼のマッサージや暖かいタオルを載せて休むこと、目薬をつけることなども効果が有ります。軽い運動で、血液循環を促したり、暖かいお風呂でリラックスする事も、血行を良くする働きが有ります。

くびや肩のマッサージやストレッチ、ウォーキング、柔軟運動など、自分で出来る事を続けることにり、目の疲れをとる手段を見つけ出すことが大切です。

老眼の原因となる3つ目の要素

老眼の原因となる3つ目の要素は、活性酸素による物です

老眼の原因となる3つ目の要素は、活性酸素による物です。活性酸素は、老化を早める原因の1つで、活性酸素が体内で多くなると、病気にかかったり、眼をきずつけてしまったりします。

活性酸素は、喫煙や大気汚染、食品の添加物などの外的要因にも起因しますが、ストレスや睡眠不足などの状態によっても発生しますので、注意が必要です。

老眼いなる原因の1つである、活性酸素を排除する為には、抗酸化食品の摂取やサプリメントの併用で予防する事が出来ます。

活性酸素が体内で増えてしまっても、痛みや違和感など全くかんじることが有りませんので、どれ位、増えたのか、自身では把握できませんので、普段からの予防と定期的な、病院での検査が重要です。

老眼も早く進む方と病状が進行する方とに分かれてしまいますので、定期検診により、眼のじょうたいとその原因を把握して、適正な処置を行う事が、今後の老眼を進行させないための手段と言えます。

老眼の原因はひとそれぞれですので、自分尾原因を把握して、治療を続けることが大切です。早い方は30代から老眼が始まりますが、大抵の場合40代になると老眼いなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。