20代でも老眼になる恐れがある、スマホ老眼の弊害とは

スマホ老眼の症状と対策について紹介します

この頃「スマホ画面を見ていてなかなかピントが合わない」「スマホを使った後に目が霞む」なんて症状が出ていませんか?そんな症状の人が増えてきていて、現在社会においては20代から30代の若い世代の間でスマホ老眼が増加傾向にあります。スマホ老眼はもはや現代病ということが出来るでしょう。ここでは年齢問わず発症する恐れがある「スマホ老眼」に関してその対処法を説明します。

20代から30代の若い世代に増加している「スマホ老眼」に関する説明

「スマホ老眼」というのはスマートフォンを活用する時間が増えたことにより、通常なら40代くらいから自覚症状が出てくる「老眼」が20代から30代の若い世代に発症しています。年齢を問わず目の使いすぎや疲労により老眼になる可能性があるのです。特にスマホを多様する世代に多くの弊害が出ています。

「スマホ画面から目を離してもピントが合いにくい」「スマホを使用した後で目が疲労している」といった症状が日常的に起こる人は「スマホ老眼」の可能性があります。なのでスマホ老眼の対処方法を紹介するので、自覚症状がある人は早めに対処するようにしてください。
今、20代から30代といった若い世代に増えている「スマホ老眼」はスマートフォンの普及により利用時間が増加したことで「老眼」の症状が出てしまっています。老眼というのは目のピントを調節するための機能を持ちレンズの役割をしている水晶体を収縮している「毛様体筋」と呼ばれる筋肉が衰えたことにより起こる老化現象です。

従来「毛様体筋」の衰えが見られるのは45歳前後というのが一般的でした。しかし現代社会においては若い世代がスマホを長い時間使用することの弊害として「毛様体筋」を酷使し凝り固めてピントが合わなくなってしまうのです。

スマホ老眼の症状を紹介します

スマホの画面を見た後で遠くを見ると視界が定まらない。スマホの小さな文字がきちんと読めない。スマホを使用したら目が霞んで、その後なかなか正常な状態にならない。といった症状が挙げられます。スマホ老眼の原因としてはスマホのブルーライトがその要因のひとつで老眼の症状を進行させているということが出来るのです。ブルーライトはパソコン画面からも発せられていますが、スマホの方が画面が小さく、また目を近づけてみることから目の疲労度合いが強いということが出来ます。それでは「スマホ老眼」に対してどのような対策を行えばいいのでしょうか?

スマホ老眼の対策について

1番重要な点としてはスマホを使う時間を出来るだけ短くする事だと言えます。そもそもの原因がスマホを長時間活用した為に症状が出てしまっているのですから、その原因を無くせばある程度改善されます。ですがスマホは現代社会の若者にとって必要不可欠なモノですし、使用しないなんて選択肢はありません。なので連続で使う時間を出来るだけ減らし、長時間使用する場合は定期的に目の休憩をするようにしてください。スマホを使用する時は近くばかり見ている状態なので目を瞑ったり、遠くを見るといいでしょう。

あと効果があるのは、目が疲れたと思った時には蒸しタオル、アイマスクなどを使用して目を直接温めるようにして下さい。目を温めることで眼球の筋肉を解すことが出来ます。スマホを活用する場合は、指の変形とか首に痛みを感じるといった症状が出ていましたが「スマホ老眼」もスマホを使用する弊害、現代病の1つだということが出来ます。どちらにしても、しっかり予防し対策をすることで防ぐことが出来るので、何か違和感を感じた場合は出来るだけ早い段階で対策をするようにしてください。早く対処すればそれだけ効果が期待できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。