老眼の人にオススメのコンタクトの選ぶ方法

老眼コンタクトを選ぶ方法

ハードとソフトの違いと老眼回復方法について

老眼の人であっても老眼鏡を使用するのは老けて見えるから嫌だと思う人は多いのではないでしょうか?そんな人にオススメしたいのが老眼用のコンタクトレンズです。老眼用のコンタクトレンズなら見た目は通常のコンタクトと何ら変わりませんし、老眼にいいコンタクトレンズを選ぶことにより目の老化の進行を食い止めることが出来ますし、老眼回復と予防の方法も紹介していきます。老眼の人にお勧めしたいコンタクトレンズの選択方法はコンタクトレンズを使用する場合はまず老眼用コンタクトレンズを選択してください。そして老眼用コンタクトレンズにはソフト、ハードの2種類があるのでそれぞれの特徴を説明していきます。

まずソフトレンズをお勧めしたい人というのはこれから説明するようなタイプの人だと言えます。外出する事が好きな人、体を動かす機会が多い人は慣れやすい上に目に装着しても違和感をさほど感じないソフトタイプを選ぶようにしてください。営業などの外回りが多い仕事の場合は目に違和感があると仕事を効率を落とすことになりかねません。それにスポーツを行う場合は安全性を考慮してソフトレンズを選ぶようにしましょう。

次にハードレンズがどのような人にお勧めなのかを説明します。デスクワークやパソコンの使用が多い場合や夜遅くまで起きているといった生活スタイルの人はハードレンズを選びましょう。ハードレンズの方が目に酸素がきちんと届く仕組みになっています。だから長い時間コンタクトレンズを使用する場合はハードレンズを使用した方がきちんと目に酸素を送ることが出来目への負担が少ないと言えます。だから長時間装着するにはハードレンズの方が適してします。

コンタクトレンズの使い方

ここでは老眼回復、予防の為に正しいコンタクトレンズの使用方法を紹介します。コンタクトは基本的に頻繁に装着しないようにしましょう。コンタクトより老眼鏡の方が実はお勧めなのです。その理由はコンタクトレンズの方が目への負担が大きいので仕事中は眼鏡を使用している人でも家では老眼鏡を使用することをお勧めします。

だからコンタクトの使用回数は出来るだけ減らして老眼鏡を使用するように心がけてください。今使用している一般のコンタクトがあるという人はその上に老眼鏡を使用しても問題はありません。ですが老眼鏡も必要時だけ使用することをお勧めします。あと老眼用コンタクトは夜の運転の際には使用しないで下さい。その訳は老眼用のコンタクトレンズというのは構造上夜に見えにくいといった欠点があります。だから交通事故といったトラブルに発展するリスクが高くなるので夜の運転の際には絶対に老眼用のコンタクトレンズは使用しないようにしましょう。

また老眼回復、予防を心がけることも重要です。老眼回復、予防の為に努力をして老眼鏡と老眼用コンタクトレンズの両方を使用しないで済むことが最も目に対する負担が少ないと言えます。老眼鏡を使用することで毛様体筋の衰えてしまい老眼が悪化するからです。だから老眼の人は老眼回復トレーニングを行い毛様体筋を鍛えるようにして下さい。老化を予防することにより老眼鏡の使用を遅らせることが可能です。老眼鏡と老眼用コンタクトレンズにあまり頼らない方がいいと言えます。

老眼回復とは

老眼回復というのは老眼の原因である衰えた毛様体筋を鍛える方法のことで老眼を回復することが可能です。ちなみに毛様体筋というのは水晶体の調節をする筋肉でそこが老化により衰えると老眼になるのですが、筋肉だから鍛えることが出来ます。40代や50代は当然として70歳の人であっても眼の筋肉を鍛えて老眼をある程度なら回復することは十分に可能です。老眼回復法を大別すると4つに分けることが出来、その4つが老眼ストレッチ、老眼回復トレーニング、脳内視力の上げ方、見る力を取り戻す方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。