目を鍛えて老眼を予防する方法があります!

老眼を予防するには目を鍛える

簡単な方法で毎日根気よく続けることで老眼を改善♪

若い頃は、自分が老眼になるなんて想像も出来ませんが、いざ老眼の兆候が出てくると、老いを認めてしまうような気がして嫌なものです。

老眼は、15歳くらいから徐々に始まっているのですが、45歳くらいから見えにくくなるなどの自覚症状が出てきます。
年を取れば誰でも老眼になりますが、ちょっとした気遣いで、老眼の進行を遅くすることができます。
それに、老眼は放っておくと実は老眼ではなくて眼病にかかっている場合もあります。
また、老眼鏡をかけたくないからと、我慢して過ごしていると老眼が進行してしまうって知ってますか?

水晶体の弾力性が低下すると、目の調整する力が弱くなります。すると、近くの物に焦点を合わせることが難しくなってしまいます。水晶体の弾性が低下すると、水晶体の厚さを調節する毛様体筋の筋力も弱まってきます。

目のストレッチやツボ押しなどで、目の血行を改善したり、目の筋力を回復させることができます。毎日根気よく続けることで、老眼で低下した視力を回復・予防することができますよ。

毛様体筋を鍛えて老眼予防

  • 遠くと近くを交互に見ることで、毛様体筋の凝りをほぐします。
  • 遠くの一点を凝視し、毛様体筋を緩めて、水晶体を薄くします。

この様に、毛様体筋を鍛えることで水晶体の調節機能を回復させていきます。

パソコンなどを毎日使用している方は、1時間置きにこのトレーニングを行うことで、老眼を予防することができますよ。

ピンホールアイマスクで老眼予防

視力改善効果があるとして、両方の目の部分に小さな穴が開いているアイマスクが売られています。目の悪い方がこれを使用すると、何故かくっきりと文字などが見えるようになります。
目に入る時の光が細くなると、水晶体でピントを合わせる必要が無くなり、スムーズに焦点が合うようになります。

ピンホールアイマスクを付けた状態で、遠くを5秒間見続ける動作を左右順番に行うだけで、毛様体筋を鍛えることができます。

ピンホールアイマクは、30分から1時間毎日使用することで、老眼を予防することができます。

動体視力鍛える?

目と脳を上手く連動させることで、水晶体が捉えた映像を、素早く脳に伝えることができます。特に動体視力は、訓練することで鍛えることができますが、加齢とともに衰えていくと言われています。
動体視力を鍛えると、反射神経や良くなって、素早く状況判断することができるようになるので、スポーツ選手にとって動体視力は重要な要素となっています。
動体視力を鍛える方法は、日常の中に沢山あります。例えば、電車の窓から見えた車のナンバーを覚えたり、看板に書かれている文字や数字を覚えるなどといった方法です。
最近では、記憶した数字を早押しで回答したり、瞬時に見分けたりすることで、動体視力を鍛えるアプリがありますので、通勤時間などに気軽に鍛えることができます。
毎日25分程度アプリを使用するだけで、ものがハッキリ見えるようになったという調査結果も出ていますよ。

ガボールパッチで視覚中枢を鍛える

ガボールパッチは、脳の視覚機能を鍛えることで、視力回復が期待できる方法です。模様を中止するだけの簡単な方法で、1日20分目安で行うだけです。
ガボールパッチで改善された視力は、低下しにくいと言われています。

適度な運動をする

血行が良くなると、目に栄養が届きやすくなり、目にクマが出来にくくなります。
適度な運動を毎日行うことで、質の良い睡眠を取ることができ、目をしっかりと休ませることができます。血行が悪くなると、肩凝りや眼精疲労になりやすくなるだけでなく、新陳代謝が悪くなり痩せにくい体質になったり、薄毛の原因にもなりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。