老眼対策は40代から、東洋医学による対処方法

東洋医学による老眼対処方法

老眼予防の為の方法を具体的に紹介していきます

「暗い場所で小さな文字が見え難い」「スマホといった携帯電話で入力するスピードが遅くなった」「眼鏡を外した時の方がはっきり見える」「この頃や目の疲労や肩こりがする」

そんな症状が見られる人は、老眼が進行しているということが出来ます。老眼は早い場合は30代後半くらいから、大抵の人は40代半くらいから症状が出てきます。そして老化現象の一種なので誰も避けることは出来ないのです。

老眼とは眼の老化現象

目のしょぼしょぼ

老眼とは目の水晶体が弾力性が衰え、水晶体を支えている筋肉である毛様体が弱くなってしまうといった理由によりピントが調整出来なくなり、近い所が見えづらくなる現象です。

最も近い場所がしっかり見える距離は、20代で30cmくらいだと言えますが30代後半~40代くらいには徐々にその距離が離れていってしまうのです。

老眼の症状を自分で気がついていないケースや、きちんと対処していない時には、目の疲労以外にも肩こりや頭痛、さらに酷い場合は吐き気や眩暈といった症状が引き起こされます。

老眼を完全に予防することは不可能なので、出来る限り進行を遅くし症状を緩和させることが重要だと言えます。

東洋医学による老眼の対処方法

東洋医学で老眼対策

東洋医学において目というのは五臓では肝に関与しています。肝の状態で目がモノを見る機能に反映されると思われています。肝の作用が衰えたらきちんと見ることが出来なくなります。反対に目を酷使したら肝の作用が低下してしまいます。そんな風に目肝は密接に関わっていると言えます。

老眼の進行を少しでも遅くするには眼の疲労を回復させることがポイントです。目が疲労すると肝へのダメージが大きくなり、それが蓄積されることで眼の老化が悪化してしまいます。現代社会においてはパソコン、スマホを仕事や日常で使用することにより眼が酷使されてしまいます。なので一定時間目の休憩をするように心がけてください。

あと肝はストレスの影響も受けやすく、精神的な負荷がかかると大きなダメージを受けます。感情の起伏も負担となり、ストレスを全く感じない生活なんて出来ませんが、ダメージ後にしっかりと回復するようにしてください。出来るだけ心的ストレスは定期的に発散し、感情を穏やかな状態で保つことにより肝の負担を減少することが可能です。そうすることで目の老化を予防することが出来ます。

食事というのも目の老化を予防する為にとても重要と言えます。ビタミンB群というのは肝の栄養にもいいのです。さらに肝と深い関係にある脾にも栄養分となると言えます。さらにビタミンB群は、水晶体、毛様体の成分になるタンパク質の吸収を促し血流を良くすることで目の疲労を回復する働きをしています。

老眼鏡を効果的に使用する

老眼鏡を効果的

老眼鏡を効果的に使用することで、老眼の進行を予防することが可能です。老眼鏡を使用すると眼への負担を軽減し肝への負担を減らすことが出来ます。

ですが老眼というのは見るモノの距離で眼鏡の度数が異なるといった厄介な点があります。

老眼鏡とは決まった距離で使用する為のツールでその距離とは異なる距離を見る場合には度数が合っていない眼鏡を使用している状況となってしまいます。その場合は逆効果で老眼を悪化させてしまいます。

パソコンの使用や読書、外出時という風に使用する場所、使用方法により老眼鏡をそれぞれ用意する必用があります。

効果的に老眼鏡を使用することで目へのダメージを緩和して、老化を予防することが可能です。老眼は皆に平等に起こる症状ですが症状が出るのを遅くすることが出来ます。

「老眼かもしれない」と思った場合は出来るだけ早く対応することで適切な処置をすることが大切なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です