老眼を助けてくれる食品と栄養成分はこんなにあります

ブルーベリーサプリメント

バランスよくとりたい目に優しい食品と栄養成分

疲れ目の気になるときにとりたい食品の代表格と言えばブルーベリーではないでしょうか。
主成分であるアントシアニンが目に疲れに有効なのはよく知られていますが、もちろんブルーベリーばかり食べているわけにはいきませんよね。
アントシアニン以外にも目の健康のためにとりたい成分はいろいろあります。

バランスの良い食生活の中で疲れ目知らずの健康生活を目指すために目に良い食品と主成分についてご紹介します。

疲れ目回復の アントシアニン

アントシアニンはポリフェノールの一種で、ブルーベリーなどの青紫色の色素成分で強力な抗酸化作用があります。
目は光を感じるとロドプシンという視覚情報伝達物質が合成されます。
パソコン作業などで目を酷使することで見えづらさを感じるのは網膜にあるロドプシンの働きが弱まりって起こる症状です。

アントシアニンにはロドプシンの働きを助け、視力回復や疲れ目の予防・改善に効果があります。
作用には即効性があり摂取後すぐにロドプシンの活性化が行われて機能の回復が期待できますが、その効果はほぼ1日で消失されるとされています。
疲れ目の回復のためには毎日摂取するのが良いでしょう。

ブルーベリーの仲間にはさらにアントシアニンの成分の豊富なビルベリーやアロニアなどもあります。

粘膜や網膜の維持に ベータカロテン・ビタミンA・ビタミンC

にんじんなどの緑黄色野菜に多く含まれるベータカロテンは網膜に含まれる視覚情報伝達物質ロドプシンの構成成分で、目の粘膜や網膜を
健康に保つ働きがあり、疲れ目や目の乾燥を防ぐのにも役立つといわれています。
また、ベータカロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変換されます。

ビタミンAは不足するとドライアイや暗いところで物が見えにくくなる夜盲症などの原因にもなると言われています。
目の健康維持のために是非とるように心がけてください。

ビタミンCは強力な抗酸化物質で、水晶体に多く含まれています。
水晶体の透明性を維持して白内障を予防する老眼の発生を遅らせるなどの効果が期待されます。

ストレスかかかると体内のビタミンCが大量に消費されてしまうので毎日とりたい栄養素です。

酸化を防ぐ ルテイン

キャベツの一種のケールやホウレンソウに含まれるルテインは網膜の中心の黄斑や水晶体に存在しています。
有害な青色の光から目を守るフィルターの役割を持っているので、黄斑変性症や白内障の予防に効果があると言われています。

ルテインは体内で作ることが出来ず、加齢によっても減少していくので食事やサプリメントでしっかりと補うことが大切になります。

肌細胞のの構成成分の一つでもあるので、肌の老化予防にも是非とりたい成分です。

血行を良くする ビタミンB1ビタミンE

ゴマや落花生はビタミンB1やビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンB1は糖や脂質の代謝を促進してくれます。
代謝が良くなることで視神経や筋肉の疲労を解消し、視力回復が期待できます。

ビタミンEは抗酸化力が強く、若返りのビタミンという異名を持つほどです。
細胞膜を正常に維持し、血管を酸化から守り末梢の血流を良くする働きがあります。

眼精疲労に ビタミンB2

納豆に多く含まれるビタミンB2は角膜や粘膜の保護に役立ちます。
不足すると角膜の炎症や口内炎などが起こりやすくなります。

脂質の代謝にも使われるので脂質の多いひとは積極的にとりましょう。

視界くっきり DHA

鯵や鯖などの青魚には必須脂肪酸であるDHAが豊富に含まれています。
網膜や視神経の中に存在していて細胞を柔軟に保つ働きはあると考えられています。
柔軟性が保たれることで血行が良くなり、酸素と栄養が充分に与えられることによって視力回復や疲れ目・老眼の改善効果が
期待されます。

活性酸素を除去する アスタキサンチン

アスタキサンチンは天然の赤色色素で、カニや鮭などの魚介類に含まれています。
強力な抗酸化作用があり、ビタミンEの約500倍、ベータカロテンの40倍もの効果があることが研究結果として報告されています。

目の筋肉に作用して老眼によって衰えたピント調節機能を最善してくれます。

その他黄斑変性症、白内障、網膜症、ブドウ膜炎などのに対しても有効性が期待されています。

加齢によって起こる老眼や、さまざまな目の病気の予防や改善のためには多くの食品からさまざまな栄養素を取り入れることが大切です。
バランスよく摂取して体の中から目の健康を支えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。