最近の老眼はすぐに来るから、日頃のケアが必要

若くてもなってしまう若年性老眼

老眼の原因と第作を知っておくことが大事なこと

老眼というと何か年寄りじみた感じがしないでしょうか?

自分たちのおじいさんやおばあさんが、肩を猫背にして新聞や雑誌を見ている姿を脳裏に焼き付けている人も少なくないと思います。

「僕は歳をとっても、あんなみすぼらしい格好は絶対にしたくないな。」

と身近なご高齢の方々を見て思う人もいるはずです。
そうなのです。

肩を丸めて、しかめ面で物を見ているお年寄りの方を見るとそう思うかもしれませんね。

あんな不格好な姿を家族や友人に見せたくないと想うことは当然でしょう。
若い世代だからこそ、そう思えたことです。

老眼は遅かれ早かれ、年齢を重ねると否応がなく訪れる症状なのです。

しかし、この老眼が若い人でも症状を訴える人が増えています。

それは何故なのかを知ることが大事です。

まず、老眼とはどんな症状なのでしょう?

人は生活する上で物を見るという行動を取ります。

その時に大事なことは、見る対象物がハッキリと見えているかどうかです。

この時は目の仕組みが複雑に動いて、対象物をハッキリ目の中に伝えるよう動きをしてくれます。

しかし、老眼になるとこのような正常な動きができずに、ぼやけたような見え方になってしまうのです。

これが老眼の症状なのですが、これはある一定年齢にならないと起きない症状でした。

それが今では若年層まで老眼の症状を訴える若い人が増えてきているのです。

そもそもない老眼になってしまう仕組みとは何なのでしょうか?

人の目の奥には水晶体という物があります。

水晶体が目のピントを合わせる

これはレンズの役目を果たすものですが、これが近くの対象物や遠くの対象物を見る時に、焦点を調節するのです。

言わば、カメラのレンズの役目を果たします。

水晶体の厚みが薄くピントを合わせると思って下さい。

この時に水晶体の厚みを調節するには、毛様体筋という水晶体につながる筋肉が厚さを調節してくれるのです。

この動きが鈍くなると焦点を合わせることに時間がかかったり、鈍くなるのです。
これが老眼の原因です。

綴じを取ると筋肉が衰えると同じように毛様体筋の活動記も衰えることから老眼には遅かれ早かれなることは誰でも同じなのです。

しかし、最近は若い人も老眼に悩む人が少なくありません。
それは現代ならではの生活習慣です。

職場では年がら年中、パソコンに向き合って、仕事を続けています。

プライベートではスマートフォンの眺めている時間が長めとなっているはずです。

このような生活パターンや仕事のパターンが目を疲れさせて老眼を早めてしまうのです。
毛様体を酷使させるとどの様な起きるは、語らずとも分かることでしょう。

一種の筋肉疲労と言っても過言ではありません。

幸いにして老眼はケアする事でかなりのもの改善を見ることも事実です。

改善する方法は簡単に言うと筋肉ノ回復特化トレーニングと同じだと言えます。
筋肉の疲労回復と同様、酷使しようにすることです。

パソコンを長い時間眺めていたり、スマホもずっと凝視するような環境なのであれば、一定時間の休憩を取るべきなのです。

1時間のうちに5分間の目の休憩です。

これだけでも視力の回復が違ってきます。
後は、筋肉トレーニングです。

とこでも実践できるのですが、遠くをしばらく見た後に地核を見るパターンを繰り返して下さい。

これを数分間、繰り返すことで、老眼特有の近くがボケで診えることが改善されるはずです。
これは筋肉トレーニングと同じで、水晶体の厚みを調節するなど毛様体の弾力を蘇えさせるトレーニングになるのです。

このような訓練を絶えまなく繰り返すことで、老眼の症状が改善されてきます。

近くの文字がぼやけてしまうことは、年齢だけではありません。

生活環境でも、大きな影響があるので、原因と対策を知っておくことが老眼ケアの大事なことは一歩となると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。