ルテインが目の病気から私たちを守る、積極的に摂ろう

ルテインが目の病気から私たちを守る

ルテインが目を守る

目から光が入り目の奥で像を結ぶことで見るわけですが、そのとき光が直接、細胞に当たると細胞はダメージを受ける危険があります。

ルテインは抗酸化作用で細胞を光のダメージから守ります。

また、紫外線が有害なのはよく知られていますが、紫外線よりも青い光の方が目には有害で、ルテインはその青い光から目を守っています。

青い光は、私たちの周りにある蛍光灯、テレビ、パソコンなどから発せられる人工の光です。

ルテインの不足による深刻な目の病気

ルテインの不足による深刻な目の病気

このようにルテインは目を守る重要な役割を果たしていますが、体内では作ることができません。加齢とともに減少します。

ルテインが不足すると白内障や緑内障、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせい)になるリスクが高くなります。

白内障は水晶体が加齢とともに白濁する病気です。

視力の低下、光を非常にまぶしいと感じる、日中と暗くなってからの見え方が違うなどの症状があります。

治療法は眼内レンズをはめ込む手術があります。

手術しなくともルテインを摂取することで、目のかすみが消え、視力が回復した例はたくさんあります。

ルテインが白内障の特効薬となると言われています。
緑内障は眼圧が高くなり視神経が圧迫されて、視野がだんだん狭くなり最終的には失明してしまう病気です。

難病とされ、手術しても視野が狭くなるのを止めるだけで視野は回復しません。

ルテインを摂取することで緑内障の症状の改善があったという報告があります。
加齢黄斑変性症は網膜の黄斑が老化する病気です。

黄斑は網膜の中央にあるので、黄斑が損なわれると中心が歪んで見え、ものが見づらくなります。

黄斑部にはルテインが含まれており、ルテインを摂取すると発症リスクが減少します。

ルテインが肌を守る

ルテインが肌を守る

ルテインは肌細胞を構成する成分の一つでもあります。

ルテインは皮膚の水分増加を促し、脂質量の調節や肌の弾力にも関係しています。そして酸化や青い光から肌を守っています。

ルテインが不足すると、酸化作用により肌荒れの原因となります。

ルテインを積極的に摂ろう

ルテインを積極的に摂ろう

ルテインは強い抗酸化作用を持つカルテノイドの一種で、もともと目の中の水晶体や黄斑部、皮膚に存在していますが、体内で合成して作り出すことができません。

加齢とともに減少し、目の病気や肌荒れを引き起こします。
ルテインが含まれる食品は、ケール、ほうれん草、ブルッコリー、ニンジン、パセリ、レタス、グリーンピース、キャベツ、カボチャ、トウモロコシ、納豆です。

ルテインは油に溶けやすい性質を持っているので、油を使った調理法で摂ると効果的です。
ルテインの1日の摂取量は6mg~10mgが良いといわれますが、食品で摂るとき、体内に吸収されるまでに何らかの原因で減少するため実際には10mg~20mgの摂取が望ましいとされています。

和食はルテインを多く含む緑黄色野菜が使われていることが多いので、日本人は外国人に比べてルテインの摂取量が多いとされています。
ルテインを食品で摂取しようとすると、ほうれん草100gで10.2mg、ケール100gで20mgです。

日本人の1人当たり年間消費量は1200g、ケールは苦みが強く食材として食べられることは少なく、一般には流通していません。

普通の食事からはルテインを必要量摂取することは難しいので、サプリメントを利用して摂取する方法もあります。
ルテインをサプリメントから摂取する場合天然のものであれば何の問題もありませんが、石油系の化学合成で作られたものは注意が必要です。

天然のものについての副作用は報告されていませんが、石油系のものは摂りすぎると吐き気やせき、目のかゆみや腫れの副作用が報告されています。

また、サプリメントの中には多種の栄養素と混ぜているものもありますので、ルテインの摂取量のみを気にして他の栄養素を摂りすぎると副作用の危険があります。

ルテインをサプリメントで摂取する場合は、用法・容量をきちんと守って摂らなければなりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。