目に良い栄養分を食べて老眼を予防しましょう♪

目に良い栄養分

お肉ばかり食べていませんか?

豚肉などに含まれている糖質は、ビタミンB1によってエネルギーに変わります。ですが、糖質を摂り過ぎることで、目の栄養となるはずのビタミンB1が足りなくなってしまったら、眼精疲労などの原因になってしまいます。
バランスの取れた食事は、美容や健康だけでなく目を健康に保ち老眼を改善してくれますよ。

目に良い食べ物とは

ビタミンA

ビタミンAは、ロドプシンの機能を高める効果があります。ロドプシンは、網膜で見たものを脳に電子信号で送る働きをします。ですが、加齢と共にロドプシンの働きが低下してしてきます。ロドプシンは、ビタミンAで構成されている物質なので、ビタミンAを補給することで、ロドプシンを活発にすることが期待できます。
またビタミンAは、ビタミンDやEと相性の良い成分なので、一緒に摂取することで、効果を高めることができます。
ビタミンAは摂り過ぎると、肝機能障害を起しますので、過剰摂取には気を付けましょう。主に、緑黄色野菜や鶏レバー、うなぎなどに多く含まれています。
緑黄色野菜は、オリーブオイルなど良質の油と共に炒めて食べると吸収力が高くなりますよ。

ビタミンC

ビタミンCは、眼球に多く含まれている成分です。特に、水晶体に多く含まれているビタミンCは、強い抗酸化力を持っているので、アントシアニンと一緒に摂ることで、水晶体の酸化を防ぎ、白内障を予防したり、眼精疲労を改善することができます。
それから、ビタミンCは、目に酸素と栄養分を運ぶための血管を強くする効果や、目の粘膜を細菌などからの感染から守る効果もあります。
水溶性のビタミンなので、沢山摂り過ぎても尿と一緒に排出されるため副作用なのどの心配がありません。

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用が強いので、水晶体の酸化を防いだり、コレステロールが酸化して血管壁に付着するのを防いだり、目の疲れをとるなどの効果があります。アーモンドやクルミなどのナッツ類に多く含まれています。
血行を良くする効果もありますので、眼精疲労からくる肩凝りにも効果的です。
また、活性酸素を無害化した後のビタミンEは、ビタミンCの力で復活することができますので、ビタミンEとCはセットで摂取したいですね。
ビタミンEは、摂り過ぎるとニキビが出来やすくなったり、肝臓に負担がかかってしまいますので、ナッツ類の食べ過ぎには気を付けましょう。

ビタミンB1

ビタミンB1は、筋肉の疲れを和らげる効果があります。パソコンなどで長時間目を酷使した目の疲れを改善するためには、欠かせない栄養です。
ビタミンB1は、糖質を代謝する際に必要な成分ですが、アルコールを分解するのにも欠かせません。お酒を飲むのが好きな人は、二日酔い防止にウコンを飲むだけでなく、ビタミンB1も併せて摂取すると良いでしょう。
ビタミンB1は、豚肉やニンニク、ピーナッツなどに含まれています。

ビタミンB6

ビタミンB6は、目の細胞の代謝に欠かせない栄養です。ビタミンB6を摂取することで、タンパク質の代謝が促進されて、皮膚や粘膜を健康に保ちます。不足すると、結膜炎などになりやすくなります。
かつお、レバー、卵、バナナなどに含まれています。

しっかり摂りたい場合は、サプリメントを利用しましょう

目の健康に効果のあるサプリメントは、沢山出回っていますが、どの成分も天然の成分で副作用の心配が少ないものばかりです。
アスタキサンチンやアントシアニン、ルテインなどが配合されているサプリメントは、老眼を予防する効果が期待できるサプリメントです。
老眼を予防するには、バランスの取れた食事が重要となりますが、アスタキサンチンなどは、食事から摂るのは難しいですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。