ブルーベリーは本当に目に良いのかどうか?

ブルーベリーは本当に目に良いのかどうか?

ブルーベリーのサプリメントとブルーベリーの効果

ブルーベリーは目にとても良い食べ物と言われています。

実際にブルーベリーを使った目のためのサプリメントが沢山ありますので、ブルーベリーと言えば目のサプリというイメージは多くの人が持っていることでしょう。

このブルーベリー、目に良いとされていますが一体ブルーベリーに含まれている何が目に良いのでしょうか。

そして本当に目の疲れを予防するのに効果的なのでしょうか。

あまり知られていないブルーベリーが目の疲れに効果的!

ブルーベリーが目の疲れに効果的!

ブルーベリーに含まれているアントシアニンという成分が目に良い成分であるとされています。

この成分、実際に視力を回復できるのかという実験が行われていて結果を出しています。

1日の量は37.5mgで、これを8週間小学生中学年から高学年に飲んでもらい実際に視力が回復
したとされています。
他にもアントシアニン配合の薬剤を50人を対象に5か月間飲んでもらうという試験で90%以上の患者さんが白内障の進行が抑えられたとされています。

アントシアニンが目の疲れだけでなく目の病気にも予防効果があることが分かります。
他にも目の疲れだけでなく抗酸化作用が高いということもブルーベリーの効果として認められています。

ブルーベリーの抗酸化作用はかなり強力なもの

ブルーベリーの抗酸化作用はかなり強力

抗酸化作用のある野菜や果物は沢山ありますが、ブルーベリーの抗酸化作用はかなり強力なものであるとされています。

抗酸化作用の高いものを摂取することは、体全体の老化を防ぐだけでなく病気になるのを抑える働きもあります。

ガン予防にも役立つとされていて注目されています。

毎日の生活で発生する活性酸素を除去できるのが抗酸化作用の高い食べ物なのです。
では、ブルーベリーはどれくらいの量を食べれば抗酸化作用が十分期待できるのか、ブルーベリーに含まれているアントシアニンは体外に排出されてしまいますので、蓄積はできません。

そのためこまめに摂取することが良いとされていて、毎日食べるのが理想です。

そしてその量に関しては、日本ブルーベリー協会というところが発表をしていて、1日20~30粒食べるのが良いとされています。

ブルーベリーのエキスは1日120mg~250mg以上の摂取が必要とされています。

ブルーベリーのエキスは1日120mg~250mg以上の摂取

1日20~30粒のブルーベリー、どのくらいの量なのかあまり想像ができないかもしれませんが毎日食べると考えると大変ですし、ブルーベリーはそんなに沢山購入するのは大変です。

そこでサプリメントが良いとされているのです。サプリメントは1日1粒程度でも十分にブルーベリーエキスを摂取できますので、楽です。そしてブルーベリーでもビルベリーと呼ばれているものを使用したサプリメントであれば、ブルーベリーよりもアントシアニンの量が多いのでより効果的とされています。

ブルーベリーサプリ本当にいいもの
ブルーベリーサプリといっても本当に種類が沢山あります。

単体でブルーベリーだけのものもあれば、その他の栄養素を含んでいるものもあります。

ブルーベリーのサプリメントで有名になった会社さんからも、ブルーベリーサプリは複数発売されていますので、まずは試してみて自分で効果があると感じるものを継続してみるのが良いでしょう。
だいたい3ヶ月くらい飲み続けると自分にあっているのかどうか見極めることができます。飲んでいるほうがなんとなく調子が良いなとかそんな程度でも感じられているのであれば効果があります。
口コミでも沢山のブルーベリーサプリメントが評価されていますので、口コミも参考にしてみると良いでしょう。

お試しセットがある場合もあります。

ブルーベリーサプリは年齢問わず愛用されているサプリメントです。

ブルーベリーサプリは年齢問わず愛用されている

最近は子供も目が悪くてコンタクトを使っている、メガネを使っているという子が多いですので、視力をこれ以上悪くしないために、家族みんなの目の健康のためにぜひブルーベリーのサプリメントを試してみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。