βカロテンを毎日摂取して健康な目になりましょう♪

βカロテンは目に優しい

目に優しいβカロテンの凄い効果の数々にびっくり♪

βカロテンの秘密

βカロテンは、体内で必要量に応じて、ビタミンAに変換されるものと、脂肪組織に蓄えられてβカロテンとして働くものとに分けられます。
ビタミンAを摂取する場合は、過剰摂取の注意が必要ですが、βカロテンを摂取する場合は、必要量だけビタミンAに変換されるので、過剰摂取の心配がありません。
変換されたビタミンAも、目の健康維持に欠かせない重要な栄養となります。
ビタミンAは他にも、ビタミンD、ビタミンEの働きをサポートする役割も担っています。

夜盲症

βカロテンから作り出されたビタミンAは、薄暗い場所で視力が低下する夜盲症に効果があります。網膜には色彩と光を捉える受容体があり、光を捉える受容体の働きにビタミンAが効果を発揮し、視力低下を予防することができます。
暗い所でも目が慣れて見えるようになるのは、ビタミンAから作られるロドプシンという物質の効果と言われています。ロドプシンが光に反応し、脳に伝達するためには、ビタミンAが重要な役目を果たしているのです。

黄斑変性

網膜の中心にある黄斑の機能が低下することで起こる黄斑変性は、βカロテンの抗酸化作用によって症状を抑える効果があると言われています。
黄斑と水晶体には、緑黄色野菜に含まれているルテインという成分が集中しています。ルテインは、カロテンの一種です。ルテインが不足すると視力低下や黄斑変性になりやすくなります。
黄斑のルテイン量が減少すると、太陽光線の影響を受けて、活性酸素を無害化する機能が低下し、眼病の要因となります。

βカロテンの一日摂取量目安は、1,800㎍が理想とされています。
100gあたりに含まれているβカロテン量を幾つかご紹介します。
しそ11000㎍、茹でたホウレン草5400μ、カボチャ4000㎍、小松菜3100μ、ピーマン400㎍、ミニトマト960㎍など、主に緑黄色野菜に多く含まれています。
食品からこれだけの量を摂取するのは、難しいのでサプリメントと併用して上手に補給したいですね。
食事からβカロテンを摂取する場合、荏胡麻などで炒めて食べると、βカロテンの量がアップするだけでなく、荏胡麻が体内でDHAに変換されて、目の血流を高めるなどの相乗効果も期待することができます。

βカロテンを摂り過ぎると、皮膚が黄色くなる場合があります。柑皮症という症状で、ミカンを食べ過ぎると、手の平が黄色くなるなどの症状を指します。血中カロテノイドが上昇することで、起きる症状ですが、健康に害はありません。

βカロテンは、目の健康だけでなく美容や健康にも良い成分です。

体内で変換されたビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にする効果や、ニキビの悪化を防ぐなどの効果があります。またビタミンAは、コラーゲンの生成を行い、色素沈着や肌の乾燥を防ぐ効果もあるので、エイジング対策には欠かせません。
毎日βカロテンを食べることで、肌のターンオーバーが促進されて、シミが薄くなったりします。

丈夫な骨を保つにはカルシウムを摂取することが一番ですが、ビタミンA強い骨を形成するのに欠かせない栄養です。特に、成長期の子供はビタミンAが不足すると成長障害を引き起こしてしまいます。

他にも、βカロテンの持つ抗酸化作用により、活性酸素を除去し、ガンを予防するといった効果も期待できる必要不可欠な成分なのです。

そうはいっても、野菜が嫌いだと普段の食事からβカロテンを効率よく摂取するのは、困難ですよね。目に良いとされているサプリメントには、目に良い成分がバランスよく配合されているだけでなく、美容と健康にも良い成分が配合されているものがたくさん出ています。コストパフォーマンスも、良いものばかりなので、一人暮らしで毎日野菜を買いに行く暇が無い方などにも、サプリメントの利用は有効な手段です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。